株式会社ピースネクストが話題のニュースをピックアップ!

株式会社ピースネクストが世間の話題となっているニュースをピックアップし、皆様にお届けします!

アップル「WWDC 2017」

いよいよ今晩、6月6日午前2時(日本時間)から始まるApple(アップル)の開発者向けイベント「WWDC 2017」が開催されますね。

 

f:id:peacenext:20170605164151j:plain

噂では、新型のiPad Proの登場やSiri搭載のスマートスピーカーなどが出てくるだのと、話題がつきませんが、このイベントはハードウェアの発表というよりも、ソフトウェアの発表がメインとなるので、あれこれと新しいハードウェアが登場するとは思えないのですけどね・・・。

 

なんでもこのイベントに参加する中で一番の高齢者は日本人の女性、若宮正子さんなのだそうで、日本人にとってはこれが一番のニュースだったりして。

ちなみにこの若宮さん、還暦を過ぎてからパソコンを使うようになったのだそうで、iPhoneアプリ「hinadan」というのを公開しているのだそうです。

この年齢まで、好奇心を持ち続け、挑戦していく姿勢は、見習わなくてはなりませんね。

 

 

 

 

 

時価総額の最高記録

Apple時価総額が、アメリカ時間5月8日の株式市場開始時点で7767億ドルとなり、株式公開企業として過去最高記録を更新したのだそうですね。

これまで iPhoneMacbookMacなどではイマイチな製品ばかりで、ガッカリさせてくれていますが、お金のほうだけは順調のようですね。

 

まぁ、しかしこうなってくると期待の高い次期iPhoneである、iPhone 8の出来が気になってきますね。

 

既にイノベーションは期待できませんが、少なくともあのカメラの出っ張りだけは取り除いて欲しいものです。

 

スカイ買収=1.6兆円!!

アメリカのメディア大手である21世紀フォックスが、どうやらイギリスの放送大手であるスカイを買収するのだそうですね。

f:id:peacenext:20161216152628p:plain

なんとその額、収額は112億ポンド、日本円にして約1兆6200億円規模にもなる見込みなのだとか!!

アメリカの通信大手AT&Tが、タイム・ワーナーを約850億ドルで買収する方向で大筋合意とニュースがあったばかりなのに、今度はフォックスがスカイを買収だなんて、これは世界のメディア地図が変化していきますね。

このスカイは、イギリス、アイルランド、イタリア、ドイツ、オーストリアで放送・インターネット事業を展開しているのだそうで、約2180万人の契約者を抱えているのだそうで、このスカイの買収は、21世紀フォックスを率いているメディア王ルパート・マードック氏が長年待ち望んでいたものだそうで、これによって、さらにマードック帝国の勢いが加速していきそうですね。

株式会社ピースネクスト、本日のニュースをお送りします。

お疲れ様です、東京はこの週末から急に暑くなりました。

まだ体が暑さに慣れておらず、熱中症になる方が多くいるそうです。

ですので野外での運動を避けること、そしてこまめな水分補給を心がけるようにして下さい。

水分だけではなく塩分も摂るようにしましょう!

さて、本日株式会社ピースネクストがピックアップするニュースはこちら!

航空機事故は大半が離着陸時に発生、生死の分かれ目は事故後90秒以内の脱出

航空機の事故は、約7割が離着陸時の極めて短い時間に起きているといわれている。「魔の11分」。航空業界では、こう呼ばれており、操縦士が最も神経を使う場面だという。

 魔の11分は、離陸時の3分と着陸時の8分。周辺の気象条件や地形にも左右されるほか、速度と高度の両方を落とすことから、着陸の方が離陸よりも事故のリスクは高まるとされる。

 ただ、危険を感じればやり直すことが可能な着陸に比べ、離陸は一定の速度を超えると中止できない上に燃料が満載された状態で事故時には大惨事は免れないことから、操縦士の多くは「離陸時の方が緊張を強いられる」と話す。

 一方、航空機には、地上での緊急時の際、90秒以内に全員の乗客乗員を脱出させることが可能な数の非常口を確保することなどが求められている。

 いわゆる「90秒ルール」で、これが生死の分かれ目とされる。今回、多くが救出されたのは、炎上前に迅速に脱出できたからだといわれている。

 アシアナ航空の着陸失敗事故が起こり、TVニュースでも話題となっています。

このニュースにある通り飛行機事故のほとんどが着陸時に起こると言われております。

実はこの事故では着陸時の姿勢が不自然であったという指摘もあるのはご存知でしょうか?

ですので操縦ミス、または機械系のトラブルが原因ではないか?などと指摘を受けているようです。

B777という機体だそうですが、実は日本でも数々の着陸トラブルがあったそうです。

実はB777という機体は胴体が長いので着陸時に後方下部が滑走路に接触するトラブルがあったようですね。

飛行機は安全な乗り物と言われておりますが、実際このような事故が起こると被害者も多く出すことになります。

やはりそれが一番怖いですよね…

このアシアナ航空機事故の原因は解明中とのこと。

全て分かるまでに数ヶ月を用いるようで、被害者の為にも早く原因解明をしてほしいですよね。

元のニュースをきちんとご覧になられたい方はこちら。

【アシアナ機事故】航空機事故は大半が離着陸時に発生、生死の分かれ目は事故後90秒以内の脱出 - MSN産経ニュース

記事で引用させてもらいました。